バイアグラは偽物も多く出回っている

仲の良い夫婦バイアグラは医療機関でもらう分には、偽物に巡り合うことはありません。

偽物に遭遇してしまう方に共通するのは、怪しい個人輸入代行サイトで購入していることです。

個人輸入は医療機関を通す必要がないかわりに、偽物を購入してしまうリスクがあるのです。

偽薬のバイアグラは専門家が見ても、本物と間違うほどよく似ています。

後発薬のジェネリックに関しては内容成分が同じなので問題ありませんが、偽物には何が含まれているかわかりません。

勃起力アップとは無関係の成分が含まれている可能性もあり、健康被害を引き起こすケースもあるのです。

そもそも偽薬を販売するような業者は、買い手のことなど何一つ考えてはいません。

健康被害を気遣うくらいなら、最初から偽物など販売しないでしょう。

医療機関で購入する方には無縁な話ですが、個人輸入で取り寄せている方は注意してください。

大手の個人輸入代行サイトは本物保証をしている店が多いですが、個人運営しているところは注意が必要です。

もちろんすべての業者が悪いわけではありませんが、個人輸入の業界では流通しているバイアグラの6割は偽物と言われています。

本物よりも偽物に遭遇してしまう可能性のほうが大きい以上、慎重に業者選びをしなくてはいけません。

そして一度購入して納得したサイトは、次回以降も利用するようにしてください。

毎回違うサイトから購入するような買い方をしていると、いつか偽物に遭遇してしまうでしょう。

サイトの規模・運営実績などを調べてから利用するようにしたいものです。

もし偽物を購入してしまっても、誰のせいにもできません。

完全なる自己責任での入手となるため、代行業者を責めることもできないのです。

他と比べて明らかに価格が安すぎるサイトは利用を控えたほうがいいかもしれません。